積み木の家

「積み木の家」
つくっては変えられる。発想を縛られない無柱空間デザイン。

持ち家派?賃貸派?に加えて、これから飛躍的に増えてくると思われる「中古持ち家派」。
私たちは耐震・耐久・省エネなど性能の高い中古住宅を買って、自分流にデザインする住まい方が増える時代を見据えた、新築住宅をデザインしました。
従来の在来木造では難しいとされた柱の無い大空間の構造体と、構造体には縛られない可変システムを備えたフレキシブルな小空間によって、暮らしの変化に最大限対応。大空間の中で、まるで積み木のように、つくっては変えられる住まいです。

審査委員の方の公開コメント
在来木造住宅の改修を何度か経験したが、屋根を改造して大空間を作るなどということは今まで考えたこともなく、面白い発想である。

  • 前へ
  • 次へ
  • 前へ
  • 次へ