知識

瑕疵(かし)とは

瑕疵(かし)とは、「欠陥」を意味する法律上の用語です。この法律でいう瑕疵は、構造耐力上主要な部分と雨水の侵入を防止する部分の欠陥を指しています。
新築住宅の請負契約や、売買契約であれば、品確法により、主要構造部の瑕疵と雨漏りについて、10年間の瑕疵担保責任があります。
以前、構造計算偽装問題発覚した際に、売主のマンション業者が次々に倒産してしまい、10年間の瑕疵担保責任を履行できない状況に陥ってしまいました。
その反省を踏まえ、住宅瑕疵担保履行法が施行され、住宅の売主や施工者は保険加入が義務化されました。

瑕疵担保責任とは

瑕疵担保責任とは、品確法で定められた、住宅の瑕疵についての担保責任義務で、新築住宅の「構造耐力上主要な部分」と「雨水の侵入を防止する部分」の瑕疵について最低10年間、無償補修や賠償責任を負わなくてはなりません。
品確法では、請負契約だけに限らず、建売などの売買契約においても最低10年間の瑕疵担保責任期間を課しています。
10年間の瑕疵担保責任期間において、対象となる「雨水の侵入を防止する部分」とは、屋根や外壁、窓などの開口部からの雨漏りを指します。

住宅瑕疵担保責任の範囲

住宅瑕疵担保履行法では、構造耐力上主要な部分及び雨水の侵入を防止する部分に関する10年間の瑕疵担保責任を対象としています。

  • 構造耐力上主要部分…小屋組・屋根板・斜材・壁・横架材・柱・床板・土台・基礎
  • 雨水の侵入を防止する部分…屋根・開口部・外壁

住宅瑕疵担保責任の範囲

住宅瑕疵担保履行法とは

住宅瑕疵担保履行法とは、住宅の施工者が、品確法で定められた、10年間の瑕疵担保責任を確実に果たせるように、「保険加入」あるいは「供託」のどちらかを義務化したものです。これにより、消費者は安心して住宅を取得できる事になりました。
住宅瑕疵担保履行法の施行により、もし、その住宅を販売した業者が倒産するなどして、10年間の瑕疵担保責任を履行できなくなった場合でも、保険加入などが義務化されているので、瑕疵補修のための費用が確保されることになります。

保険制度と供託制度

●保険制度とは

国土交通大臣指定の保険法人が提供する「新築住宅の保険」を利用した住宅は、引渡し後10年以内に瑕疵があった場合、補修を行った事業者に支払われる制度です。
保険法人への保険金の直接請求
住宅事業者が倒産しているなど、修補等が行えない場合、発注者・買主は保険法人に対し、瑕疵の修補などにかかる費用(保険金)を請求することができます。

保険制度と供託制度

●供託制度とは

新築住宅に瑕疵があれば、事業者は補修を行う責任がありますが、万が一その事業者が倒産した場合はこの責任を果たすことができません。このような場合に備えて、事業者が法律で定められた額の保証金を予め供託所等に預けておく制度のことです。
供託所への保証金の還付請求
事業者が倒産等で瑕疵の補修が行えない場合、消費者はその補修等に必要な金額について、保証金から還付を供託所に請求することができます。

4 / 41234