知識

税金について知ることは重要です。

●不動産取引にかかる税

不動産の取得、譲渡、相続等があった場合には、その態様に応じて種々の租税が課されています。
個人や法人が土地・建物等を譲渡した場合、その譲渡による取得に対しては、基本的には「所得税法」又は「法人税法」の規定により「所得税」又は「法人税」が課税されることになります。さらに、国の政策を税制面に反映させるため「租税特別措置法」が設けられており、その規定により種々の「特別控除」や「課税」の繰延べ等の措置が講じられている複雑なものとなっています。
一般的に自己が住むために所有し、現に居住している物件の税は減免措置があります。

2 / 41234