土地について

土地に関する知識や情報を紹介します。

宅地建物取引業法について

土地、建物等の不動産は、人間社会の経済活動や日常生活の基盤となる極めて重要な資産です。
土地利用法制の整備、住宅建設計画の策定・推進等の諸施策を行うとともに、不動産の取引を健全にし、住宅建物の流通を円滑化することを目的として宅地建物取引業法の制定・改正を行ってきた。遂行するためには、専門的かつ正確な法律その他の知識が要求されています。

「宅地」とは?

「土地を開発すること」とは?イメージ

宅地とは、「建物の敷地及びその維持若しくは効果を果たすために必要な土地」です。
土地の現況及び利用目的に重点を置き、部分的にわずかな差異があっても、土地全体としての状況を観察して定めるものです。

都市計画の理念

●理念

・農林漁業との健全な調和をはかることに留意し、都市は市民の生活の場であるとともに個人や企業の経済活動の場である。都市計画の究極的な目標は、健康で文化的な都市生活と、機能的な都市活動の双方の目的を確保することである。
・土地の利用を個人の恣意に委ねることなく、適正な制限を課することによって合理的な土地利用がはかられなければならない。

●都市計画

都市における都市活動(機能、環境)を支えるため、都市計画決定権者が所定の手続きに従って決定する計画、及びそれを担保するための規制と誘導の仕組みである。

●計画内容

・土地利用、都市施設の整備
・市街地開発事業に関する計画
・都市の健全な発展と秩序ある整備を図る
・国土の均衡ある発展と公共の福祉の増進に寄与